「使命」のことの本や論文を書くなら、どのようなことを調べる?「カレ」の由来や歴史とかかな。それとも、自分独自の視点からの意見だろうか。

星空と森と強い風

「使命」のことの本や論文を書くなら、どのようなことを調べる?「カレ」の由来や歴史とかかな。それとも、自分独自の視点からの意見だろうか。

ページの先頭へ戻る

雲の無い水曜の晩に窓から雲の無い水曜の晩に窓から

知佳子が、マンションのベランダにて、ミニトマトを作っている。
実がなったらトマトケチャップを作るらしい。
実際、まめに水も肥料も与えないし、近くで煙草を吸うので、彼女のトマトの環境は少しも良くはない。
丸3日、水も肥料もあげなかったと言う場合の、その見てくれは、葉っぱが垂れ下がっていて、まさにしゅんとしている様子に見えなくもない。
かわいそうだったので、水と肥料を多くあげると、あくる日のお昼くらいのミニトマトは生き生きと復活していた。

暑い火曜の昼はお菓子作り
私は以前から、肌がそれほど強くなく、ちょっとしたことでかぶれる。
その上、ボディーシャンプーの肌に残ってしまう使用感が気持ち悪い。
でも、冬の時期はかなりしっかり乾燥するので、添加物の少ないスキンローションを使用する。
その製品の残念な部分は、値段がとても高いところ。

控え目に走る姉ちゃんと電子レンジ控え目に走る姉ちゃんと電子レンジ

末端冷え性にかかってからは、こころもちしんどいけれど、結局寒い時期が好きだ。
家の空気が乾燥しているので、カラリとした匂い、そしてストーブの温かさ。
真冬の太陽って豪華な気持ちにしてくれるし、一眼を持って、早朝の海も素敵。
季節感を出したかったら、一眼もGOODだけれどトイカメで思う存分シャッターを押しまくるのが絶対かっこいいSHOTが手に入る。

具合悪そうに踊る君と草原
現在のネイルブースは、バイオなど、とても高い技術が駆使されているみたいだ。
ちょっとだけサービスのあるインビを譲ってもらえたので店に行ってみた。
私は、柄や雰囲気に対して、悩んでしまうので、決定するのに時間を要した。
薬指に簡単なアートをしていただいて、感動し上機嫌になれた。

風の無い休日の朝に立ちっぱなしで風の無い休日の朝に立ちっぱなしで

昔の頃、株の取引に関心をもっていて、買おうかとおもったことがあるのだけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買える銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも興味があったけれど、一生懸命稼いでためた貯金があっさりと消えるのが嫌で、購入できなかった。
楽天証券に口座はつくって、銀行口座から動かして入れて、パソコンのエンター一つ押すだけで買えるように準備したけれど、恐怖で買えなかった。
一生懸命、働いて稼いだ貯蓄だから、他人から見たら少なくてもでも少なくなるのは恐怖だ。
けれど一回くらいは買ってみたい。

雨が降る仏滅の明け方は散歩を
嫌われ松子の一生というタイトルのテレビ番組が放送されていましたが、欠かさなかった人もいらっしゃったと思います。
実際に、TBSは見ていなかったのですが、女優の中谷美紀主演でシネマが公開されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが難しい立場にいながらも、心まで貧しくなりません。
周りから見ると、かわいそうな人かもしれないけれど希望を捨てません。
幸せをつかむことについて、貪欲なんです。
そこに、リスペクトを感じました。
自分も幸せになる権利はあるのに、そうなってしまうといけない事のように感じる。
なんていう、意味の分からない状態だった悩みを抱えていた私は見ている間、悩みなんか忘れていました。
それくらい、明るい映画なので、お勧めしたいです。
キャストの、中谷美紀は、音楽教師でも、風俗嬢でも、理容師でも、なんでもはまってました。

天気の良い水曜の明け方は友人と天気の良い水曜の明け方は友人と

ちいさいころから、読書は嫌いじゃありませんでしたが、ただなんとなく、家や図書室にある本を読んでいました。
本当に楽しんで読むようになったのは、高校時代。
国語で、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
ストーリーは、恋人を亡くした主役の、高校のときの思い出が始まりです。
恋人が死んでしまう経験なんてその当時もそれからも、ないです。
だけど、高校生の私には主人公の悲しい気持ちかぶってしまいました。
初めての感覚でした。
主人公と、その時の私の年が近かった事、それもひとつの理由だと考えています。
その帰りに、その文庫本を購入したのが文庫本を買った一番最初です。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔の小説ですが、ずっと輝き続ける素晴らしい本だと思います。

悲しそうに泳ぐ子供と季節はずれの雪
服屋さんって絶対勤まらないなど思うのは自分だけだろうか。
勤務中、完璧に着飾らないと店のイメージが悪くなる。
私なんて、出張で働くときはスーツを着るといいし、メイクだって簡単でそれでよし。
外出するときは、自分で納得する格好で良いし、家で仕事するときはワンピース一枚で問題ない。
このことから、おそらく、ファッションにかかわる商売には、向かないと思う。
ショップに入ると店員さんがやってきて、流行や合わせ方を教えてくれる。
私はどうしてもそれに怖くなり、買わずに逃げてしまうのだ。
これも、店員さんって大変と思う大きな理由の一つだ。

天気の良い大安の夕暮れは外へ天気の良い大安の夕暮れは外へ

大物お笑い芸人が電撃引退したことによって、ネットやニュースでうるさいぐらい報道しているが、めっちゃすごいですね。
次回の日本の首相がどなたになるかっていう話より報道でも番が速かった。
どのような人が日本の総理大臣になっても変わらないって考える方もめっちゃ多いですし、それよりはゴールデンでよくみる司会者が芸能界をいきなり引退というのが影響がでそうなんですかね。

陽の見えない火曜の昼は足を伸ばして
最近、小説をぜんぜん読まなくなった。
20歳の頃は、かかさず読んでいたけれど、ここ何年か、仕事があるし、小説を読む時間をつくりにくい。
時間があったとしても、ゆったりとした気持ちで好きな小説をじっくり読むという気持ちになかなかなりにくいので、読んでいたとしてもおもしろく感じられない。
だけれど、すごく楽しめる小説に久しぶりに出会いたい。
村上春樹さんや村上龍さんの小説がとても好きなので、二人が新人賞をとった群像文学新人賞が私の好みのものがあるかと思って読んでみることが多いが、二人のようにがつんとくるものはなかなかない。
それでも、次の世代の輝いている若手がいないかと気になるからまた読んでみたい。
けれど、純文学だからと無理やり分かりにくい言葉を並べているけれど中身が伝わりにくいものも多いから残念だ。

関連リンク、お役立ちリンクです。関連リンク、お役立ちリンクです。


安い引越予約
一番安い引越し会社ってドコ?レンタカーよりもお得な引っ越し業者って?格安の引越屋さんは、一括見積で見つける。
Copyright (c) 2015 星空と森と強い風 All rights reserved.