例えば、地球を初めて見る宇宙人に「悪ガキ」を説明するなら、どうする?「おむすび」の目立つ特徴とか、いやいや、まずは世界や日本の説明から始まるかもね。

星空と森と強い風

例えば、地球を初めて見る宇宙人に「悪ガキ」を説明するなら、どうする?「おむすび」の目立つ特徴とか、いやいや、まずは世界や日本の説明から始まるかもね。

ページの先頭へ戻る

よく晴れた金曜の午前に座ったままでよく晴れた金曜の午前に座ったままで

さやかちゃんはパッと見おっとりしているように見られるようだけど、活発な女友達。
夫と、1歳になる賢治の、一家で、エスニック料理店のななめ向かいの一軒家に住んでいる。
仕事も子育ても完璧に行い、毎日が充実していて、時間の有効活用は素晴らしい。
ちょっとでも時間があれば、今日うちに来てくれる?と絶対連絡を入れてくれる。
私は結構頻繁にドーナッツを作って、彼女のうちにおじゃまする。

雹が降った平日の昼は椅子に座る
購入した縫物用の布で、幼稚園に通い始める子の袋を縫わなくてはいけない。
母親である家内が作成するとは言っても、俺も嫌いではないので、時間がかかるようだったらやってみようと考えている。
持っていくものをしまうきんちゃく袋が幼稚園に通い始めるのにいる。
ミシンも遅ればせながら到着した。
使用感も試してみようと思っている。

天気の良い週末の晩はカクテルを天気の良い週末の晩はカクテルを

暮らしたところが違うと食べるものや文化が変わることを妻と暮らしだしてからとても分かることになった。
ミックスジュース飲む?と妻から前に聞かれ、売っていたのかなと思ったら、家で作るのが一般的らしい。
フルーツを色々と氷をミキサーに入れて、普通の牛乳をいれこんで家庭用のミキサーでミックスして完成だ。
作ったものを飲んだのは初体験だけれど、非常によかった。
好きだったし、くせになって、自分でも作り飲んでいる。

雪の降る休日の早朝は冷酒を
辺ぴなところに住んでいたら、ネットショップでものが簡単に購入できるようになったのが、とても楽だ。
その理由は、駐車場がある本屋が市内に2軒しかなく、品ぞろえも悪いから、購入したいマンガも買えないからだ。
本屋で取り寄せるよりネットで買う方がお手軽だ。
だって、本屋に行くだけで原チャで30分以上かかるからたいそうめんどくさい。
ネットに手慣れたら、なんでもインターネットで購入するようになった。
他のものもネットで手に入れるようになった。
家電は、ネットのほうが絶対に安価だし、型番商品は確実にネットショップ購入だ。
しかし、実物は見てみたいから、近くの家電量販店で、見てから最終的に決める。

ゆったりと走る先生と公園の噴水ゆったりと走る先生と公園の噴水

驚かれるが、私の部屋は、冷房も暖房も置いていない。
なので、扇風機と冷たい飲み物を片手に作業をする。
つい最近、扇風機をどかそうと思いつき、スイッチを付けたまま抱えてしまった。
すると、扇風機の動きが動かなくなったので「なんで?」と思い,手元を見た。
気付かなかったのが、回転の邪魔をしているのは、まさに自分の指だった。
怖くなって手を放すと、また活発に回転を始め、邪魔をしていたその指からは血が垂れてきた。
まったく痛みも感じなかったが、気を付けたいと誓った。

泣きながらダンスする彼女と飛行機雲
御盆でも家元から外れて生きているとあまり実感することがないが、少なくとも、お供え物くらいはと考え生家へ買って送った。
家元に暮らしていたら、香を握って祖先の歓迎に出向いて、お盆の最後に送りにおもむくのだが、別れているので、そう行動することもない。
近所の人は、線香を持ち墓所に行っている。
そういった光景が目撃する。
ふだんより墓所の前には様々な車が停車していて、人もめっちゃ多く目に触れる。

ゆったりと走るあの人と観光地ゆったりと走るあの人と観光地

憧れの寒い寒いロシアに、いつかは旅したいという目標がある。
英語のクラスに挫折しそうになった時、ロシア語を少しだけ息抜きにやってみようと検討したことがある。
しかし、さらりと読んだロシア語の基礎テキストの最初だけで即断念した。
動詞の活用形態が生半可ではないほどややこしかったのと、発音の巻き舌も多い。
観光客としてズブロッカとロシア料理を味わいに行きたいと思う。

控え目に吠える彼女と夕立
夕方、時間に余裕があったので、CD屋さんに向かった。
新たにMP3プレイヤーに入れる音楽を探すため。
ここ最近、しょっちゅう聞いたのが西野カナ。
いつも聞いているのが洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品もかっこいいなーと思う。
と思い、今日は借りたのは、シャルロット・ゲンズブールだ。
甘いボイスとフランス語がカッコイイと思う。

笑顔で踊る父さんと読みかけの本笑顔で踊る父さんと読みかけの本

知佳子はAさんの事が大好きだと感じられる。
Aさんも知佳子の事を可愛いと思っている。
彼が出張が決まれば、知佳子も絶対行くし、つい最近は私も一泊だけ同行させてもらった。
2人は私の事を同じ呼び方で呼ぶし、何かを始める時は、とりあえず、私に質問してくれる。
なんとなく気にかけてくれている感じがしてとっても空気が良いと思った。

熱中して自転車をこぐ姉ちゃんと横殴りの雪
やり始めたら、仕上がるまでに膨大な時間が必要なものが、世の中にたくさんある。
その一つが、外国語だ。
実は、韓国語だけはまれに、母国語である日本語と語順が同じ、SVOで、実は発音も似ているので、習得しやすいそうだ。
3年くらい韓国語を勉強していた友人の明日香は、今から始めても割と習得しやすいので良いと思うよ、とのこと。
ほんの少しいいなーと思ったけれど、あのハングル文字は記号にしか見えない。

Copyright (c) 2015 星空と森と強い風 All rights reserved.

●カテゴリ